バーチャファイターのパイに萌える気持ち中心のブログです。


by TrickBlue
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

家庭用VF5FSの試遊レポート


今日は格闘新世紀VIの当日予選に参加してきました。
そこでVF5FS家庭用の試遊台がありましたので、早速プレイしてみました。
その時に感じたこと等を書きたいと思います。

家庭用ページはこちら。
PlayStation3 / Xbox360:Virtua Fighter 5 Final Showdown 公式ウェブサイト


■試遊環境ついて
 コントローラ:
 ・PS3:リアルアーケードプロ.V3 SA直接続
 ・XBOX360:リアルアーケードPro.VX SA

 ディスプレイ:
 ・共通:SONY BRAVIA KDL-40EX720
 3D対応の倍速対応液晶です。応答速度は非公表。


詳細を記載する前に、テスターとしての自分のことを書きます。
所持しているゲーム機はPS3で、格闘対戦ゲームではマヴカプやスパIVAE、KOF13、スト鉄をプレイしています。
コントローラは、リアルアーケードプロ.V3 SAを使用しています。
今日は、PS3版とXBOX360版が並んで置いてあったので、他の方のプレイの様子を比較しつつ、自分でも操作してみました。
コントローラ滑り防止対策は特にありませんでしたが、コントローラは安定していました。

何人かの方にも感想を聞いていますので、それも含めて総合的に書きます。


■PS3版
キャラクターのモーションや、細かいフレームはしっかりと再現されています。
アーケード版と動き自体は遜色ないと思います。
ただし、画面の応答が遅いのか、PS3特有の問題か分かりませんが、コマンドが入りにくいように感じました。
例えば受身を取る際はP+K+Gを押しますが、受身が成立しなかったり等。
ジャストや最速で入力するタイミングがアーケードとは異なるため、アーケードプレイヤーは慣れるための時間がかかるかも知れません。

■XBOX360版
全体的な動作がPS3よりも遅く感じました。と言ってもアーケードのスピード感との比較なので、家庭用VF5FSから始めた人が、こういうゲームだろうと思っても問題ない程度の違いです。
コマンド入力に対しては、PS3よりもだいぶ素直に反応するように感じました。
画面動作がほんの少し遅いせいか、受身を取ることが簡単で、なおかつスカ確への反撃もやりやすかったです。

■トレーニングモードについて
試遊台ということで、残念ながらライセンスチャレンジ内に2つの課題しか実装されていませんでした。
どんな課題が追加されていくのかは、今後の情報を待つ必要があります。
試遊台ということで、上段防御を5回成功させろ!と、勝て!の2種類でした。


■その他共通
アーケードでは入るはずのコンボが入らなかったりと、非常に違和感を感じましたが、まだ完成品ではなく調整中の段階のものである、とのことなので後日改めて確認する必要があります。


■まとめ
総合的にみて、アーケードでプレイするためにバーチャを練習したいという人にはPS3版が向いており、家でゆっくりプレイして楽しむことを主眼に考えている方は、XBOX360版が向いていると思いました。
コンボが入りにくい、コマンドのタイミングが違うということについては、アーケードプレイヤーから見れば、家庭用でも同じコンボが入らなければおかしい、違和感があるという不満が出そうですが、家庭版からVF5FSを始めた方は、そのような不満を持つことなく家庭用専用コンボを研究し、習得していくものと思います。

実際、オンライン対戦でスパIVAEをプレイしていても、アーケードとはコマンド入力タイミングが少し違いますし、しかしそれでも対応してコンボを決めてくる人はたくさんいます。
スト鉄でもしっかりコンボを決めてくる人もいるので、家庭用VF5FSはアーケードとは異なるタイミングを身につけなければならないゲームである、という前提でプレイする必要がありそうです。
家庭用ゲーム機で対戦格闘ゲームを数多くプレイしている方には、操作上における問題はないかも知れません。


人によって試遊台で操作した時の感触はさまざまかと思いますので、このレポートはあくまでイチバーチャプレイヤーの感想とお考えいただければと思います。


それでは。
by TrickBlue | 2012-03-17 23:56 | バーチャ